サイレント・トーキョー 12月4日(金)公開

秦建日子の小説「And so this is Xmas」を原作に描くサスペンス。『SP』シリーズなどの波多野貴文が監督を務め、聖夜に東京で起きた連続爆破事件に巻き込まれた人々を映し出す。『64−ロクヨン−』シリーズなどの佐藤浩市が主演を務め、『マチネの終わりに』などの石田ゆり子、『MOZU』シリーズなどの西島秀俊のほか、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼らが脇を固める。
© 2020 Silent Tokyo Film Partners

滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie  12月4日(金)公開

2006年に「滝沢演舞城」として誕生し、2010年に名称が変更された「滝沢歌舞伎」を、Snow Man をメインにキャストに迎えて新生させた『滝沢歌舞伎ZERO』の映画版。舞台版に引き続いて Snow Man が主演を務め、近未来都市を背景にした芝居やダンスといったパフォーマンスを展開する。監督はオリジナル版の主演でもある『こどもつかい』などの滝沢秀明。ドラマ「CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜」などの佐藤新のほか、影山拓也、鈴木大河、基俊介、椿泰我らが共演する。

魔女がいっぱい  12月4日(金)公開

『チャーリーとチョコレート工場』などの原作者ロアルド・ダールの児童文学を、『プラダを着た悪魔』などのアン・ハサウェイ主演で映画化したファンタジー。恐ろしい魔女たちが立てている邪悪な計画を、ある少年が知ってしまう。監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどのロバート・ゼメキス。『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』などのオクタヴィア・スペンサーや『ラブリーボーン』などのスタンリー・トゥッチらが共演。製作にギレルモ・デル・トロとアルフォンソ・キュアロンが参加する。
(C) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

新解釈・三國志  12月11日(金)公開

『銀魂』シリーズやドラマ「今日から俺は!!」などの福田雄一が監督と脚本を務めた、中国の「三國志」を基にしたコメディー。覇権争いを繰り広げる魏、呉、蜀の武将たちがしのぎを削った時代を、福田監督の新解釈で描く。『探偵はBARにいる』シリーズや『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』などの大泉洋が主演し、蜀の武将・劉備玄徳を演じる。
© 2020「新解釈・三國志」製作委員会

約束のネバーランド  12月18日(金)公開

白井カイウ、出水ぽすかのベストセラーコミックを映画化したサスペンス。自分たちが鬼の食料になると知った子供たちが、決死の脱出に挑む。メガホンを取るのは『春待つ僕ら』などの平川雄一朗。『賭ケグルイ』シリーズなどの浜辺美波、『万引き家族』などの城桧吏、ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」などの板垣李光人らが出演する。
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

ワンダーウーマン 1984  12月18日(金)公開

『ワンダーウーマン』のガル・ガドットとパティ・ジェンキンス監督が再び組んだアクション。恋人を亡くして沈んでいたヒロインの前に、死んだはずの恋人が現れる。前作に続いてクリス・パインが恋人を演じ、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのクリステン・ウィグをはじめ、ロビン・ライト、ペドロ・パスカルらが共演。
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

劇場版ポケットモンスター ココ  12月25日(金)公開  

ポケモン映画シリーズの23作目で、人間とポケモンの新たな形の絆を描くアニメーション。ポケモンたちの楽園で、サトシとピカチュウがポケモンに育てられた少年に出会う。監督を務めるのはアニメ「ポケットモンスター XY」シリーズなどを手掛けてきた矢嶋哲生。松本梨香、大谷育江、林原めぐみ、三木眞一郎といったシリーズおなじみの声優陣がボイスキャストとして出演している。
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku © Pokemon © 2020 ピカチュウプロジェクト

映画 えんとつ町のプペル  12月25日(金)公開

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が手掛けた絵本、「えんとつ町のプペル」を原作にした劇場版アニメーション。煙に覆われた町を舞台に、えんとつ掃除人の少年と、ゴミから誕生したゴミ人間の冒険を描き出す。西野は製作総指揮と脚本を担当し、廣田裕介が監督を担当する。『鉄コン筋クリート』や『海獣の子供』などのSTUDIO4℃が、アニメーション制作を担う。

HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”  12月25日(金)公開

クリエイターユニット・HoneyWorksの10周年記念プロジェクトとして、『告白実行委員会』シリーズのアイドルユニット「LIP×LIP」をメインにしたアニメーション。夢を打ち砕かれた中学3年生の勇次郎と家族に怒りを感じている同学年の愛蔵が、アイドルオーディションに挑戦する。監督を務めるのはアニメ「ちるらん にぶんの壱」などの室井ふみえ。勇次郎の声を内山昂輝、愛蔵の声を島崎信長が担当する。
(C) 2020 LIP×LIP Movie Project

花束みたいな恋をした  1月29日(金)公開

『コーヒーが冷めないうちに』などの有村架純と『帝一の國』などの菅田将暉を主演に迎えた恋愛物語。東京・井の頭線の明大前駅で終電を逃してたまたま出会った男女と、全ての事柄が絡み合いながらリンクしていく様子を描写する。有村が主演を務めた『映画 ビリギャル』などの土井裕泰が監督を務め、ドラマ「東京ラブストーリー」「カルテット」などの脚本家・坂元裕二が脚本を書き下ろした。
(C) 2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

ファーストラヴ  2月11日(木)公開

島本理生の直木賞受賞小説を、『スマホを落としただけなのに』などの北川景子主演で映画化したサスペンス。北川演じる公認心理師が、父親を殺した女子大生の事件に迫る中で、犯人の心の闇とともに自身の過去とも向き合っていく。監督を『明日の記憶』などの堤幸彦、脚本を『彼女がその名を知らない鳥たち』などの浅野妙子が担当する。
(C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会

キングスマン:ファースト・エージェント  2月11日(木)公開

『キングスマン』シリーズの第3弾。第1次世界大戦前夜のヨーロッパを舞台に、スパイ組織キングスマンの誕生秘話と、彼らが巨大な陰謀に立ち向かう姿が描かれる。前2作に引き続きメガホンを取るのはマシュー・ヴォーン。『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』などのレイフ・ファインズ、『マレフィセント2』などのハリス・ディキンソンのほか、リス・エヴァンスらが出演する。
© 2020 20th Century Studios. All Rights Reserved.

ブラック・ウィドウ  4月29日(木)公開

すご腕の暗殺者で世界最高のスパイ、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフが主人公のアクション。超人的な身体能力と、類いまれな美貌を持つヒロインの秘密をひもとく。『アベンジャーズ』シリーズなどでブラック・ウィドウを演じてきたスカーレット・ヨハンソンが続投し、『女王陛下のお気に入り』などのレイチェル・ワイズらが共演。『さよなら、アドルフ』などのケイト・ショートランドがメガホンを取った。
©2019 MARVEL

名探偵コナン 緋色の弾丸  2021年 4月公開

青山剛昌の人気漫画を原作にしたアニメの劇場版シリーズ第24弾。世界最大のスポーツ祭典が開催される直前に起きた拉致事件にコナンが挑む。前作『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』の監督である永岡智佳が本作も続投。高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、池田秀一らおなじみの面々がボイスキャストを務める。
©2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会