マレフィセント2 10月18日(金)公開

アンジェリーナ・ジョリーふんする、『眠れる森の美女』のオーロラ姫に呪いをかけたマレフィセントが主人公のダークファンタジーの続編。前作の数年後を舞台に、オーロラ姫と暮らすマレフィセントに忍び寄る敵や、新たな呪いをめぐる物語が描かれる。アンジーとオーロラ姫役のエル・ファニングが再び共演するほか、『ラブ・フィールド』などのミシェル・ファイファーらが出演。監督は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』などのヨアヒム・ローニングが務める。
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ジェミニマン 10月25日(金)公開

『スーサイド・スクワッド』『アラジン』などのウィル・スミス主演によるSFアクション。若いころの自身のクローンに命を狙われる暗殺者が、陰謀に巻き込まれる。メガホンを取るのは『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などのアン・リー。『10 クローバーフィールド・レーン』などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『クローサー』などのクライヴ・オーウェンらが共演。
©2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

一粒の麦 荻野吟子の生涯 10月26日(土)公開

明治時代の封建制度の中「女三従の道」や「女三界に家なし」の女性蔑視社会で、女性は従うしかないという教育の中、女性解放運動に尽くした女性がいました。その一人が荻野吟子です。
吟子は医師という職業をあたえてくれない明治時代に十八年もの間勉学に明け暮れ、日本第一号の女性医師となりました。彼女は十八歳で結婚し、夫より病気を移され、医師はすべて男性だということ、そして、男性医師に自らの体を見せるのが嫌で自殺をしたり、生涯医者にかからず痛みに耐えている女性の多さを知り、自らが女性医師となることを決意します。荻野吟子はこの功績が認められ埼玉県の三大偉人(他二人は渋沢栄一・塙保己一)の一人になりました。
―日本で初めての女医、荻野吟子。医師だけでなく、社会活動家としても不屈の精神と大いなる愛に生きた波乱の生涯を映画化。
©Gendai Productionction All Rights Reserved.

マチネの終わりに 11月1日(金)公開

芥川賞作家・平野啓一郎の小説を原作にした恋愛ドラマ。日本、パリ、ニューヨークを舞台に、共に40代の男女が惹(ひ)かれ合う姿を描く。『そして父になる』などの福山雅治と『北の零年』などの石田ゆり子らが出演。メガホンを取るのは、福山が出演したドラマシリーズ「ガリレオ」や『容疑者Xの献身』などの西谷弘。
©2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

閉鎖病棟 -それぞれの朝- 11月1日(金)公開

精神科医でもある作家・帚木蓬生の、山本周五郎賞に輝いた小説を映画化。精神科病院で起きた殺人事件をきっかけに、患者たちの思いが交錯する。『ディア・ドクター』『おとうと』などの笑福亭鶴瓶が主演を務め、『日本で一番悪い奴ら』などの綾野剛、『さよならくちびる』などの小松菜奈らが共演。『愛を乞うひと』などの平山秀幸監督が原作にほれ込み、自ら脚本を務めた。
©2019「閉鎖病棟」製作委員会

IT / イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 11月1日(金)公開

作家スティーヴン・キングの原作を実写化したホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編。前作から27年後を舞台に、子供の命ばかりを狙うペニーワイズから逃げ延びた面々が新たな戦いを余儀なくされる。『MAMA』などのアンディ・ムスキエティ監督が続投するほか、ドラマシリーズ「ヘムロック・グローヴ」などのビル・スカルスガルドが再びペニーワイズを演じる。27年後のビルとベバリーに、『スプリット』などのジェームズ・マカヴォイ、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインがふんした。
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ひとよ 11月8日(金)公開

劇作家・桑原裕子が主宰する劇団KAKUTAの代表作を実写映画化。ある事件で運命を狂わされた家族が再会し、絆を取り戻そうとする。『孤狼の血』などの白石和彌がメガホンを取り、『凶悪』などで白石監督と組んできた高橋泉が脚本を担当。3兄妹に『るろうに剣心』シリーズなどの佐藤健、NHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」などの鈴木亮平、『勝手にふるえてろ』などの松岡茉優、彼らの母親に『いつか読書する日』などの田中裕子がふんする。
© 2019「ひとよ」製作委員会

ターミネーター : ニュー・フェイト 11月8日(金)公開

SFアクション『ターミネーター2』の続編。未来のためにターミネーターに立ち向かう人々を待ち受ける運命を映し出す。ジェームズ・キャメロンが製作としてシリーズに復帰し、『デッドプール』などのティム・ミラーが監督を担当。『ターミネーター2』でT-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーと、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが再共演を果たす。
©2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

地獄少女 11月15日(金)公開

アニメ、ライトノベル、ゲームなどさまざまなメディアで人気を博している「地獄少女」を実写映画化。ウェブサイトを通じて復讐(ふくしゅう)を依頼・遂行する少女たちの姿が描かれる。メガホンを取るのは『戦慄怪奇ファイル』シリーズなどの白石晃士。『わたしに××しなさい!』シリーズなどの玉城ティナ、ドラマ「過ちスクランブル」などの橋本マナミのほか麿赤児、大場美奈、波岡一喜、藤田富らが出演する。
©地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会

ブライトバーン / 恐怖の拡散者 11月15日(金)公開

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどの監督であるジェームズ・ガンが製作を務めたホラー。異様な力を持つ12歳の少年が、周囲を恐怖に陥れる。『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのエリザベス・バンクス、『シャッター』などのデヴィッド・デンマンらが出演。『インバージョン 転移』などのデヴィッド・ヤロヴェスキーがメガホンを取り、2019年に17歳でデビューアルバムをリリースしたビリー・アイリッシュが主題歌を担当した。
©The H Collective

決算!忠臣蔵 11月22日(金)公開

忠臣蔵で知られる大石内蔵助が記した決算書を基に、討入り計画の実像に迫る山本博文の著作を実写映画化。予算内で討入りを成し遂げようとする家老と勘定方の奮闘を描く。大石を『孤高のメス』などの堤真一、大石を支え続ける勘定方をお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が演じる。『殿、利息でござる!』などの中村義洋がメガホンを取った。
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

アナと雪の女王2 11月22日(金)公開

第86回アカデミー賞で歌曲賞、長編アニメ映画賞を受賞した『アナと雪の女王』の続編。姉エルサの氷と雪を操る力の秘密に迫る。前作に引き続き、監督をクリス・バックとジェニファー・リー、エルサ役の声優をイディナ・メンゼル、アナ役をクリステン・ベルが務めた。
©2019 Disney. All Rights Reserved.

ゾンビランド : ダブルタップ 11月22日(金)公開

『ヴェノム』のルーベン・フライシャー監督が手掛ける、大ヒットゾンビコメディー映画の続編。前作『ゾンビランド』(2009)は、ゾンビパニックにより荒廃した世界で、「生き残るための32のルール」に従いサバイバルしてきたオタク青年コロンバス(ジェシー)が、仲間と共にゾンビがいないといわれる遊園地を目指する姿を描いた作品。『ダブルタップ』は10年ぶりの続編となり、コロンバス、タラハシー(ウディ)、詐欺師姉妹のウィチタ(エマ)、リトルロック(アビゲイル)ら、懐かしの面々が勢ぞろいする。
©2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

ドクター・スリープ 11月29日(金)公開

スティーヴン・キングのホラー小説をスタンリー・キューブリック監督がジャック・ニコルソン主演で映画化した『シャイニング』の続編。一家を襲ったホテルでの恐ろしい出来事から40年後、生き延びた息子ダニーが遭遇する新たな恐怖を描く。『ムーラン・ルージュ』などのユアン・マクレガー、『ミッション:インポッシブル』シリーズなどのレベッカ・ファーガソンらが出演。『オキュラス/怨霊鏡』などのマイク・フラナガンがメガホンを取った。
© 2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved