• 上映中の作品
  • 上映予定作品

帰ってきた あぶない刑事  

1986年にスタートしたTVドラマ『あぶない刑事』の劇場版が8年ぶりに復活。刑事を引退しニュージーランドで探偵事務所を立ち上げたタカ&ユージ。再び横浜に戻り探偵を始めた彼らの前に、依頼人第一号として現れたのは2人にとって旧知の女性・夏子の娘だった。舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、ベンガル、長谷部香苗といったお馴染みのメンバーに加え、「マッチング」の土屋太鳳、「孤狼の血 LEVEL2」の西野七瀬が参加。監督はWOWWOWドラマ『ウツボラ』の原廣利。

(C) 2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会

劇場版 ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉  

実在する競走馬の名前と魂を受け継ぐウマ娘たちが、学園生活のかたわら過酷なレース「トゥインクル・シリーズ」制覇を目指す劇場版アニメ。「ウマ娘 プリティーダービー」に登場するキャラクターのジャングルポケットが、ライバルたちと共にトップを目指す。アニメ「「雪ほどきし二藍」などの山本健が監督を手掛け、シナリオディレクターなどを小針哲也が担当。ボイスキャストには藤本侑里、上坂すみれ、小倉唯らが名を連ねる。

(C) 2024 劇場版「ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉」製作委員会

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章  

第66回小学館漫画賞(一般向け部門)を受賞した浅野いにおのコミックをアニメ化した2部作の後章。宇宙からの侵略者の駆除活動や過激派グループの暗躍で東京が混乱に陥る中、同じ大学に進んで青春を謳歌(おうか)していた小山門出と中川凰蘭にも不穏な出来事が忍び寄る。アニメーションディレクターの黒川智之、音楽ユニット「YOASOBI」のボーカル・ikuraとしても活動する門出役の幾田りら、凰蘭役のあのら、前章のスタッフとキャストが顔をそろえている。

(C) 浅野いにお/小学館/DeDeDeDe Committee

碁盤斬り  

『ミッドナイトスワン』などの草なぎ剛と、『孤狼の血』シリーズなどの白石和彌監督が組んだ時代劇。古典落語をモチーフに、冤罪(えんざい)事件によって藩を追われた男の、父として、さらに武士としての誇りをかけた復讐(ふくしゅう)を描く。脚本は白石監督作『凪待ち』などの加藤正人が担当。草なぎふんする浪人の娘を『1秒先の彼』などの清原果耶が演じ、『虹色デイズ』などの中川大志、『死体の人』などの奥野瑛太のほか、斎藤工、小泉今日子、國村隼らが出演する。

(C) 2024「碁盤斬り」製作委員会

ハピネス  

嶽本野ばらの小説を実写化したラブストーリー。病気で余命いくばくもない少女とその事実を聞かされた恋人の少年が、悔いのないように日々を過ごそうとする。メガホンを取るのは『犬部!』などの篠原哲雄。『愛のゆくえ』などの窪塚愛流、『Pure Japanese』などの蒔田彩珠、『熱のあとに』などの橋本愛のほか、山崎まさよし、吉田羊らが出演する。

(C) 嶽本野ばら/小学館/「ハピネス」製作委員会

猿の惑星/キングダム   

猿と人間の争いを描く人気シリーズの一作で、猿が支配者として君臨するようになった近未来を舞台とするSFアクション。家族を失った猿と秘密を知る人間の女性、そして人間を排除しようとする冷酷なリーダーを中心に、猿と人間の共存か猿の独裁かをめぐる争いが繰り広げられる。監督は『メイズ・ランナー』シリーズなどのウェス・ボール。『To Leslie トゥ・レスリー』などのオーウェン・ティーグやドラマシリーズ「ウィッチャー」などのフレイヤ・アーランらが出演する。

(C) 2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.

鬼平犯科帳 血闘  

池波正太郎のベストセラー時代小説「鬼平犯科帳」シリーズを、十代目の松本幸四郎主演で新たに映画化。監督を「三屋清左衛門残日録」シリーズの山下智彦、脚本を『悼む人』の大森寿美男が務める。鬼平こと長谷川平蔵を松本幸四郎、若き日の鬼平、長谷川銕三郎を幸四郎の実子である八代目、市川染五郎が演じる。劇場版ゲストとして志田未来、北村有起哉、松本穂香、中井貴一、柄本明が参加する。

(C) 「鬼平犯科帳 血闘」時代劇パートナーズ

バジーノイズ  

デスクトップミュージックを題材にしたむつき潤のコミックを原作に、『チア男子!!』やドラマ「silent」の演出などを担当した風間太樹監督が映画化した青春ドラマ。音楽制作を生きがいとする青年の日常が、ある女性との出会いによって変わり始める。主人公の青年をボーイズグループ「JO1」の川西拓実、彼が出会う女性を『交換ウソ日記』などの桜田ひよりが演じ、井之脇海、柳俊太郎などが共演。音楽プロデューサーのYaffleが劇中の音楽を手掛ける。

(C) むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会

ゴジラxコング 新たなる帝国  

ゴジラとキングコングの二大怪獣が対決する『ゴジラvsコング』の続編。ゴジラとキングコングが再び激突したことで、それぞれがテリトリーにする地上世界と地下空洞の世界が交錯し、新たな脅威が出現する。監督のアダム・ウィンガード、アイリーン役のレベッカ・ホール、バーニー役のブライアン・タイリー・ヘンリー、ジア役のケイリー・ホトルら、前作のスタッフとキャストが顔をそろえるほか、『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』などのダン・スティーヴンスらが新たに出演する。

(C) 2024 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-  

サッカーに熱中する高校生たちが世界一のストライカーを目指して繰り広げるバトルを描いた、コミックを原作とするアニメの劇場版。無気力に生きてきた高校生・凪誠士郎が天性のサッカーセンスを見いだされ、「ブルーロック(青い監獄)」と呼ばれるプロジェクトで全国から集められたストライカーたちとしのぎを削る。監督をアニメ版で副監督などを務めた石川俊介、アニメーション制作をエイトビットが担当。ボイスキャストに島崎信長、内田雄馬、興津和幸、浦和希、海渡翼などが名を連ねる。

(C) 金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)  

青山剛昌のコミックを原作とするアニメシリーズで、北海道・函館を舞台に新選組の土方歳三ゆかりの刀をめぐる駆け引きを描いた劇場版第27弾。土方の刀に狙いを定めて函館に出現した怪盗キッドの計画を阻止すべく、名探偵コナンたちが奔走する。ボイスキャストは高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也などのほか、北海道の刑事役で俳優の大泉洋が参加。監督を『名探偵コナン 緋色の弾丸』などの永岡智佳が務める。

(C) 2024 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

変な家  

動画投稿サイトなどで話題を呼んだ雨穴による書籍を映画化。オカルト専門の配信をする動画クリエイターが一軒の家の間取りについて相談を持ち掛けられ、不可解な間取りの真相を解明しようとする。監督を『エイプリルフールズ』などの石川淳一、脚本を『七つの会議』などの丑尾健太郎が担当。動画クリエイターを『全員死刑』などの間宮祥太朗、彼と共に謎に迫る設計士を『さがす』などの佐藤二朗、物語の鍵を握る人物を『恋のしずく』などの川栄李奈が演じる。

(C) 2024「変な家」製作委員会

映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)  

『ドラえもん』シリーズの劇場版第43作で、世界から音楽が消える危機にドラえもんと仲間たちが奮闘する姿を描いたアニメーション。音楽がエネルギーになる惑星の殿堂に招かれたドラえもんたちが、世界から音楽を消してしまう生命体に立ち向かう。ボイスキャストは水田わさびや大原めぐみなどのほか、ゲスト声優として俳優の芳根京子が参加。監督を『映画ドラえもん のび太の新恐竜』などの今井一暁、主題歌をVaundyが担当する。

(C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2024

劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦  

高校バレーボールを題材にした古舘春一のコミックをアニメ化した「ハイキュー!!」の劇場版。コミックの中でも人気のあるエピソードの一つ「烏野高校VS音駒高校」を原作に、宮城県立烏野高校排球部と、ライバル校である音駒高校バレーボール部が公式戦でぶつかり合う。アニメシリーズにも携わってきた満仲勧が監督などを手掛け、『攻殻機動隊』シリーズなどの Production I.G がアニメーション制作を担当する。

(C) 2024「ハイキュー!!」製作委員会 (C) 古舘春一/集英社

四月になれば彼女は  

映画プロデューサーや小説家など多彩に活動する川村元気の恋愛小説を映画化。結婚直前に婚約者が謎の失踪を遂げた精神科医が、ある手紙をきっかけに初恋の記憶や婚約者との日々を回想する。監督は米津玄師らのミュージックビデオなどを手掛けてきた映像作家・山田智和。主人公を川村原作による『世界から猫が消えたなら』などの佐藤健、失踪した婚約者を『MOTHER マザー』などの長澤まさみ、主人公の初恋の相手を『君は放課後インソムニア』などの森七菜が演じる。

(C) 2024「四月になれば彼女は」製作委員会

陰陽師0  

呪いやたたりから都を守る陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた夢枕獏の小説「陰陽師」シリーズを原作にした時代劇。若き日の安倍晴明が、貴族から怪現象の解決を依頼されたことをきっかけに、平安京を脅かす巨大な陰謀と呪いに挑む。監督は『アンフェア』シリーズなどの佐藤嗣麻子。『キングダム』シリーズなどの山崎賢人、『聖☆おにいさん』シリーズなどの染谷将太、『僕の好きな女の子』などの奈緒のほか、安藤政信、村上虹郎、國村隼らが出演する。

(C) 2024映画「陰陽師0」製作委員会

マッドマックス:フュリオサ  5月31日(金)公開

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に続き、シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが監督を務めるアクション。世界崩壊から45年後、故郷からさらわれたフュリオサがバイカーたちの軍門に降り、荒廃した世界で城塞都市の支配者イモータン・ジョーとの戦いに巻き込まれる。主人公フュリオサを『ラストナイト・イン・ソーホー』などのアニャ・テイラー=ジョイ、バイカー軍団のリーダーを『アベンジャーズ』シリーズなどのクリス・ヘムズワースが演じる。

(C) 2024 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved

からかい上手の高木さん  5月31日(金)公開

隣の席の女子・高木さんにからかわれる男子中学生・西片の日常を描き、映像化もされた山本崇一朗による漫画を実写映画化。二人がからかいバトルを繰り広げた中学時代から10年後の物語が展開される。『アンダーカレント』などの今泉力哉がメガホンを取り、『サバカン SABAKAN』などの金沢知樹と萩森淳が今泉監督と共同で脚本を担当。母校の教育実習生として島へ帰還する高木さんを『地獄の花園』などの永野芽郁、母校で体育教師として働く西片を『交換ウソ日記』などの高橋文哉が演じる。

(C) 2024映画『からかい上手の高木さん』製作委員会 (C) 山本崇一朗/小学館

ディア・ファミリー  6月14日(金)公開

心臓の機能をサポートする医療器具・IABP(大動脈内バルーンパンピング)バルーンカテーテルを開発した筒井宣政氏の実録ドラマ。町工場の経営者だった筒井氏が、娘の命を救おうと人工心臓の開発に挑む。監督はドラマ「幽☆遊☆白書」などの月川翔。『月の満ち欠け』などの大泉洋、『明日の食卓』などの菅野美穂、『しあわせのマスカット』などの福本莉子のほか、有村架純、光石研、上杉柊平、徳永えりらが出演する。

(C) 2024「ディア・ファミリー」製作委員会

バッドボーイズ RIDE OR DIE  6月21日(金)公開

マイアミ市警の破天荒な刑事コンビの活躍を描く『バッドボーイズ』シリーズ第4弾。バッドボーイズの亡き上司に汚職疑惑がかけられ、上司の無実を証明しようとした二人が追われる身となる。キャストはシリーズでおなじみのウィル・スミス、マーティン・ローレンス、ジョー・パントリアーノら。監督は前作と同じくアディル・エル・アルビとビラル・ファラー、製作陣にはシリーズを通して携わってきたジェリー・ブラッカイマー、主演のウィルらが名を連ねる。

©2024 CTMG. All Rights Reserved.

九十歳。何がめでたい  6月21日(金)公開

小説家・佐藤愛子のエッセイ「九十歳。何がめでたい」「九十八歳。戦いやまず日は暮れず」を原作にしたコメディードラマ。断筆していた90歳の作家の人生が、社会への怒りをつづったエッセイによって大きく変わり始める。メガホンを取るのは『大名倒産』などの前田哲。前田監督作『老後の資金がありません!』にも出演した草笛光子、『杉原千畝 スギハラチウネ』などの唐沢寿明のほか、木村多江、真矢ミキらが出演する。

(C) 2024『九十歳。何がめでたい』製作委員会 (C) 佐藤愛子/小学館

映画 おいハンサム!!  6月21日(金)公開

「恋」と「家族」と「ゴハン」をめぐるありそうでなかった新感覚の深夜TVドラマを映画化。伊藤理佐原作。出演は吉田鋼太郎、木南晴夏、佐久間由衣、武田玲奈、MEGUMI ほか。

(C)2024映画「おいハンサム!!」製作委員会

ザ・ウォッチャーズ  6月21日(金)公開

『シックス・センス』などのM・ナイト・シャマランが製作、彼の娘であるイシャナ・ナイト・シャマランが監督・脚本を務めたホラー。地図にない森に迷い込んだアーティストが、奇妙なルールが存在するガラス張りの部屋の中で正体不明の存在に監視される。『17歳のエンディングノート』などのダコタ・ファニングが主人公を演じ、『バーバリアン』などのジョージナ・キャンベル、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』などのオルウェン・フエレのほか、アリスター・ブラマー、オリヴァー・フィネガンらが出演する。

(C) 2024 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

言えない秘密  6月28日(金)公開

台湾出身のジェイ・チョウの監督デビュー作『言えない秘密』を原案とするラブストーリー。伝統ある音楽大学を舞台に、過去の出来事が原因でピアノが弾けなくなってしまった青年と、ある秘密を抱える女性の恋模様を描く。監督を務めたのは『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』などの河合勇人。トラウマを抱える音大生をアイドルグループ「SixTONES」の京本大我、謎めいたヒロインを『偶然と想像』などの古川琴音が演じる。

(C) 2024「言えない秘密」製作委員会

逃走中 THE MOVIE  7月19日(金)公開

フジテレビ系列のバラエティ番組『逃走中』をJO1、FANTASTICSのメンバー共演で映画化。高校時代、陸上部だった大和ら6人は卒業後それぞれの道を歩んでいた。彼らは『逃走中』に招待され、再会を果たすが、ゲームが何者かに乗っ取られてしまう。出演は、「バジーノイズ」の川西拓実、「映画しまじろう『ミラクルじまのなないろカーネーション』」の木全翔也、「OUT」の金城碧海、「小説の神様 君としか描けない物語」の佐藤大樹、ドラマ『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』の中島颯太、ドラマ『自転車屋さんの高橋くん』の瀬口黎弥。監督は、「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の西浦正記。

(C) 2024 フジテレビジョン 東映 FNS27社

仮面ライダー THE SUMMER MOVIE 2024/仮面ライダーガッチャード&爆上戦隊ブンブンジャー  7月26日(金)公開

「仮面ライダーガッチャード」と「爆上戦隊ブンブンジャー」の2大ヒーローによる2本立て映画

(C) 2024 映画「ガッチャード・ブンブンジャー」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C) テレビ朝日・東映 AG・東映

ブルーピリオド  8月9日(金)公開

「マンガ大賞2020」を受賞し、アニメ化もされた山口つばさの漫画を実写映画化。充実した日々の一方でむなしさも抱える高校生が、一枚の絵をきっかけに美術の面白さに目覚め、国内最難関の美術大学を目指して奮闘する。『サヨナラまでの30分』などの萩原健太郎が監督、『ガールズ&パンツァー』シリーズなどの吉田玲子が脚本を担当。 『彼方の閃光』などの眞栄田郷敦が主演を務め、『交換ウソ日記』などの高橋文哉と桜田ひより、『なのに、千輝くんが甘すぎる。』などの板垣李光人らが共演する。

(C) 山口つばさ/講談社 (C) 2024映画「ブルーピリオド」製作委員会